★英検1級合格への道★
OLのミカが英検1級合格を目指します♪日々の英検1級勉強記録を書いていきます。(2012年1月受験予定)


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
林 則行さんの「英語は道具:銅メダル英語を目指せ」はオススメ♪
こんばんは、ミカです。

インターネットを見ていたら、英語学習に関して目から鱗といいますか、私の今までの学習方法とは結構違う考え方で英語を身に付けた方のコラムが目に入りました。

記事タイトルにもあるとおり、林 則行(はやし・のりゆき)さんの「英語は道具:銅メダル英語を目指せ」という日経ビジネスのコラムです。世界最大の政府系ファンド・アブダビ投資庁の元日本株式運用部長を勤めたこともある国際派ですが、英語がとても嫌いだったそうです。そんな中どのように英語をものにされたかの秘訣が書かれています。

毎週の連載形式で書かれていて、現在は連載は終わっていますが、計30回くらいのコラムという形で掲載されています。

私もまだ全部は読めていないのですが、最初の方から目が釘付けです。

銅メダル英語を目指せ、という考え方で、英語に完璧さを求めないこと、「必須語」を伝えるだけで簡単にしゃべること、「ひらめき法」、英米人とのビジネス交渉術など、ためになることがこれでもかと書かれています。

英語は道具というのは私も共感するところです。

私の考えには無かったこととして、簡単な単語の組み合わせで伝えてもOK、という考え。

私ならまず疑問文だったら疑問詞から始めて、倒置して、、とまず頭で考えてしまいますが、そんなことをしているならまず話してしまえということで、平叙文から初めて最後にWHY?など疑問詞を付けるのもあり、ということを書かれていました。そしてそれでも十分だと。

確かに意味が通じれば語順など別にどうでも良いわけで、わざわざ疑問文にすることもないかな、と思いました。

まだまだ読めていない部分があるのですべて読んでしまいたいと思います。


「英語は道具:銅メダル英語を目指せ」

文庫本としても出ているみたいですね。





いつもご覧頂きありがとうございます!!他にも英語関係(TOEIC/TOEFL/英検など)のブログがいっぱいありますのでチェックしてみてください!↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/27(金) 10:45:21 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
<advertisement>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。